彼岸花 ヒガンバナ 八重咲きヒガンバナ 八重咲きヒガンバナ・加奈姫

彼岸花 ヒガンバナ 八重咲きヒガンバナ 八重咲きヒガンバナ・加奈姫
商品名 彼岸花 ヒガンバナ 八重咲きヒガンバナ 八重咲きヒガンバナ・加奈姫
価格 1,650円
販売元 アルペンガーデンやまくさ
商品詳細 野山や人里に近い路傍や田畔などにみられ、秋に橙紅色の花玉を一斉に開き大群落を作ります。彼岸頃に咲くのでヒガンバナと呼ばれいますが曼珠沙華の名で親しまれています。九州で発見されたヒガンバナの八重咲き「加奈姫」の販売です。ヒガンバナの八重咲きとしては小型のもので、同列に幾重にも重なった花弁に特徴があります。花弁の縁に白覆輪が入る特徴もあり、未分化の花も咲きます。販売品は3.0寸ポット植えの開花見込み球...

楽天ウェブサービスセンター

【楽天市場】ランキング市場 【総合】

2020年11月26日 15時00分 更新

楽天ウェブサービスセンター

初心者の方向けのバラ

自他ともに認めるロザリアンの私ですが、自分の家のバラだけでなく、近所の公園のバラのお手入れまでしています。自宅に十数種類のバラがありますが、お手伝いしている公園には80種類近くのバラが植わっています。

バラによって個性があって、花の形、香り、花の色、葉っぱのツヤ、葉っぱの色、病気への耐性、害虫への耐性、枝の伸び方など、1つとして同じバラがないのも魅力です。

『バラ』と聞くと、イングリッシュローズのデビッド・オースチン(David Austin)が有名かもしれませんが、私の経験上イングリッシュローズは花もちが悪いです。『花の命は短し』という言葉通り、可憐で可愛いバラが多いのですが、病気に弱い種類だと花の季節にきれいな花を咲かせることができません。

特に初心者の方は、バラの見た目よりも『病気に強い』ということを基準にして選ぶと良いと思います。私が育てているバラのなかで、「これは目を見張るほど丈夫!」と思ったバラは、こちらです。

 

デビッド・オースチン(イングリッシュローズ)

ブラザー・カドフィール(強香、ピンク、葉っぱが赤茶っぽい緑で素敵!)

ボスコベル(教香、ピンク、バナナのような甘い香り)

 

こちらは、我が家のボスコベルです

ページトップへ